【マッチングアプリの調査データ】アプリで10人中7人は出会い1人は結婚している!

【マッチングアプリの調査データ】アプリで10人中7人は出会い1人は結婚している!

tricoi編集部は、運命の相手と出会うためにさまざまな手法があるなかで、マッチングアプリが効率よいのでは・・・と考えているのですが、実際にマッチングアプリを使った人はちゃんと出会えているのでしょうか。

編集部だけの意見ではなくしっかり調査をしようと考え、「マッチングアプリの利用」に関して、全国のマッチングアプリを利用したことがある男女1,644名に対して、インターネットを使った調査とゼネラルリサーチを使った調査を実施しました。

その結果、マッチングアプリで出会えている方は、なんと10人中7人という高い結果が出ました!

ありさ

約7割!多くの人が出会えているのですね。

実際に出会うまでにかけた金額や、どんな人と出会えたか、デート代や使ったアプリの数など、しっかり調査をし体験談も聞きました。

これから恋活・婚活をしたいと考えている方や、マッチングアプリを使ってみたいけど不安を感じている方は最後まで読んでみてくださいね。

この記事の内容

マッチングアプリを使うもっとも多い目的は「恋活」

マッチングアプリを使う目的は?
マッチングアプリを使う目的でもっとも多かったのは、男女ともに「恋活」でした。

男女差が出たのは、「婚活」「遊びたい」となり、女性は「婚活」のほうが多く、男性は「遊びたい」方のほうが多い結果です。

彼氏や彼女がほしくて、マッチングアプリを使う方は多いのですが、女性のほうがより真剣度が高いと考えられます。

目的別におすすめのマッチングアプリを知りたい方は、次の記事をチェックしてください。

いいねは10人以下メッセージはしっかり派が多い

マッチングアプリは、お互いに相手を確認して男女ともに「いいね」を送りあったら、マッチングが成立し、メッセージを送れるようになります。

実際にマッチングするまでに、何人にいいねを送っているのでしょうか。
マッチングアプリでマッチングするまで何人にいいねを送った?

男女ともに1~10人に「いいね」を送っている方がもっとも多い結果になりました。

マッチングアプリに登録している人のなかから、自分の好みに合う人を10人以下に絞り込むようですね。

男女ともに2位が「送らない」でした。

登録をしたものの、相手にいいねを送らない人も一定数いるようです。

いいねを増やすコツは次の記事に詳しく書いてあるので、増やしたい方はチェックしてくださいね。

マッチングから実際に会うまでは女性のほうがメッセージを多くする傾向

では、マッチングした後はどれくらいメッセージのやり取りをしているのでしょうか。

マッチングアプリで実際に出会うまでに何回やり取りをした?

グラフをみると実際に出会うまでにやり取りをする回数は、男性よりも女性のほうが多い傾向にあります。

男性の39.2%は1~5通のやり取りだったのに対し、女性の27.6%は21通以上と多くのやり取りを交わしていました。

女性のほうが会うまでのやりとりを大切にしていることが分かりますね。

マッチングアプリの適切なメッセージの頻度は、次の記事を参考にしてください。

女性72.6%・男性65.0%がアプリで実際に出会えている

マッチングアプリでメッセージのやりとりを交わして、実際に出会えるのはどれくらいの割合でしょうか。
マッチングアプリで実際に出会えた?
実際に出会えた女性は72.6%・男性は65.0%と、多くの人が出会えていました。

そのうち、付き合った女性は43.9%・男性は38.6%となり、なかには結婚した方も。

結婚に進んだ女性は10.3%・男性は6.6%です。

マッチングアプリで結婚は、珍しい出会い方ではなくなってきていることがわかります。

実際に会うまでの流れなどは、次の記事をチェックしてくださいね。

出会えた人と出会えなかった人の違いは課金額の可能性がある

マッチングアプリで実際に出会えた人と、出会えない人との違いはあるのでしょうか。

両者の違いを調査するために、マッチングアプリで出会えた人と出会えなかった人の課金額について調査しました。
出会えた人がマッチングアプリにかけた金額
出会えなかった人がマッチングアプリにかけた金額は?
出会えなかった人は、男女ともに無課金者が多くいました。

男女別にみると、男性で出会えた方の86.4%はマッチングアプリでアプリ内課金をしています。

いっぽう、女性はいずれも無課金の方が1位でした。

アプリ内で男性が女性にメッセージを送るのに、お金がかかるケースが主流ですが、女性は無料でメッセージを送れるアプリが多いので男女差がついているようです。

メッセージを重ねるために課金することで、実際に出会える確率が上がることがアンケートからわかりました。

男性はリアルと比べてアプリに安さを感じる

男性

合コンに何回か行ったと思えば特に高い金額ではないと思った

男性

最初は抵抗があったが、本気で出会いを求めていたため、気にならなくなった。

男性

事前に金額を自分の中で決めていたので気にならなかった。

男性

出逢えなければ無駄金になるとおもったので課金は気になった。

男性

気にはなりましたが相談所より安いとおもいました。

合コンや結婚相談所と比べると、安い金額だと考えている方も多いようです。

やはり出会えなければ課金に抵抗を感じるのですが、「出会いたい」という目的のために金額を決めて賢く使う方が多くいました。

女性は無課金が主流だけど課金もOK派が多い

女性

女性は課金なく利用ができたので、料金は気にならなかった。

女性

無課金で、いいねからメッセージまでやりとりできるので逆に不安でしたが、思っていたより安心できた。

女性

お試し感覚だったので課金は躊躇したが、お金がかかってると思うとだらだらしなくて良かったと思う。

女性

女性もメッセージのやりとりをするには有料のものだと知っていたので、特に気にならなかったです。

女性

合コンで払う金額よりははるかに安いので全くもって気になりませんでした。

女性は無課金派が多いのですが、メッセージのやりとりに課金する方もいました。

こちらも男性と同じく、合コンで支払うよりは安いと考えているようです。

確かに「お金がかかっている」と思うと、ダラダラしないで決めにいきたくなりますね。

無課金の婚活アプリは、次の記事でおすすめしています。

マッチングアプリでは優しい男性・かわいい女性と出会えている

マッチングアプリで出会えた人のタイプは?

マッチングアプリで出会えた人の特徴を聞いたところ、男性は「優しい」「普通」「イケメン」と続き、女性は「かわいい系」「きれい系」「普通」でした。

ネガティブなタイプもあえて聞いたのですが、いずれも少ない結果です。

男性が好印象を抱いた体験談

男性

写真と変わらず普通に可愛かったです。共通の趣味があったので話がしやすかったです。

男性

年齢とは逆で、いい意味で幼く見えて、おとなしく可愛い感じの子でした。写真の印象よりも若く見えました。

男性

LINEのやり取りも丁寧な口調で最初はサクラを疑ったが、実際に電話をしてみたら最初の印象からかけ離れ、打ち解けやすい女性だった。

趣味があったり、見た目が可愛かったりと、理想的な相手と出会えた方もいるようです。

男性が「正直微妙…」と思う体験談

男性

正直写メとのギャップが凄かった。盛りすぎてるとおもった。

男性

アイドルオタクで趣味が合いませんでした。

男性

外見は可愛いかったが、話が合わない人でした。

写真を盛りすぎてもはや別人…という意見は少数派ながらいました。

外見よりも、話が長続きしなかったり、そっけない人のほうが男性は嫌だと感じているようです。

女性から男性へ好印象を抱いた体験談

女性

マッチングアプリにこんなに良い人がいるんだ!と衝撃を受けるほど優しくておしゃれでかっこいい人でした。
事前に電話もよくしていて、話が合うのは分かっていたのでよかったです。

女性

気さくな明るい人だった。
スポーツ観戦やバンドのライブに行く趣味の話で盛り上がった。
食事(ランチ)もお茶も別会計の割り勘にして、まず話をしましょう、人となりを知りましょうという雰囲気だったので変に気を遣わず楽しかった。

女性

レベル分けしてしまうと普通の外見ですが、スマートにレディーファーストのできる方でした。
話し下手な私相手でも会話が途切れる事なく、とてもリラックスできる人でした。

意外と多かったのが「イケメンと出会えた!」という体験でした。

顔が好みじゃなくても話が合って盛り上がったり、気遣いができる男性と出会えると楽しい時間を過ごせるようですね。

イケメンが多いマッチングアプリは、次の記事を参考にしてください。

女性ががっかりした体験談

イケメンだったが遊んでる感満載だった

メッセージのやりとりはすごく印象がよかったが、実際会うと思いの外、無理だった。

客観的に見るとイケメンだったと思うが、タイプではなかった。私の苦手なことを趣味にしていて、食事のマナーも気になった。

あまりよくない体験談を見ていると、男性が遊んでいる風の人だったり、話が合わない人は女性からの評判が悪いようです。

マッチングアプリを使っている人は20代後半~30代前半に多い

マッチングアプリで何歳の人と出会った?

マッチングアプリで出会えた方は25~29歳がもっとも多くいました。

20代後半~30代前半の年代によく使われているようです。

とはいえ、幅広い世代の方と出会えるようですね。

マッチングアプリで2人に1人はデートを重ねている

マッチングアプリで出会ったあとに何回会った?

マッチングアプリで出会えた相手の方と、複数回会うのでしょうか。

男性は50.5%・女性は58.5%が複数回会っており、そこからお付き合いに発展する方もいました。

女性は4人に1人、男性は7人に1人がお付き合いしています。

「付き合った」ということは、恋活に成功したということです。

やはりマッチングアプリは恋活に使われていますね。

デートのコツは次の記事を参考にしてください。

3人に1人は結婚を視野に入れている

マッチングアプリで出会った人と結婚したい?

出会った相手と結婚したいと考えているのは、男女ともに3人に1人程度。

なかには実際に結婚したケースもあり、真剣なお付き合いのきっかけがマッチングアプリになっていることがわかります。

実際に結婚をした人もいるので、婚活ツールとしてもマッチングアプリが活躍しているといえるでしょう。

初デートのデート代は男性がおごることが多い

マッチングアプリで出会った人は初デートで割り勘?

初デートは、男性がおごることが多いようです。

次いで割り勘となりました。

では実際にデート代はいくらかけているのでしょうか。

マッチングアプリで出会った人にデートにかけた金額は?

男性がデートにかける費用は5,000~10,000円が多い層でした。

女性は支払いをしないケースがもっとも多いのですが、支払ったとしても5,000円以下が多いようです。

男性のほうがデート代を多く負担していることがわかりました。

男性は満足なデートならお金を出すことが気にならない

男性

食事代と2軒目の飲み代だけだったので、想定内だったから気にはなりませんでした。

男性

食事に行ったので飲み代も含め約15000円でした。楽しかったのでとても満足です。

男性

食事だけだったのでいいと思う。
ただタイプでない人に対してと金をかけたと思うと満足とは言えない

体験談を見ると、男性が楽しく満足した場合は「お金を出すことが気にならなかった」と答えている方が多くいました。

逆にあまり楽しめなかった場合は、お金を出すことに不満を感じるようです。

女性はおごってもらうと申し訳ない&嬉しいが混在する

女性

毎回知らない間にお会計を済ませてくれたので、むしろ申し訳なくなりましたが、彼の方が少し年上だったので断りもできず、甘える事にしました。

女性

おごってもらったことが気になりました。悪かったので次の日に行った居酒屋は支払いました。

女性

しつこく誘ってきたのに割り勘かよ!と思いました。

男性がおごったり多めに出す方が多いようですが、ご馳走になったことに対して感謝の気持ちを持っている女性が大半でした。

しつこくホテルに誘われたり、嫌な思いをしたときは、男性と同じようにお金を出すことに不満を感じているようです。

初デートを成功させるコツは、次の記事をチェックしてくださいね。

マッチングアプリで心配なことは男性はサクラ・女性はヤリモク

真剣なお付き合いや結婚にも使われるマッチングアプリですが、使う前に心配になる事柄は多くあるようです。

マッチングアプリを使う前に心配なことは?

マッチングアプリを使う前の不安を聞いたところ、不安がない男性は5.3%・女性は2.6%となり、95%以上という多くの方が不安を抱えていることがわかりました。

不安でもっとも多いのは、男性はサクラ・女性はヤリモクです。

男性の不安は「出会えないこと」

男性

マッチングアプリはサクラや業者が多いイメージなので騙されていないか心配だった。

男性

サクラも業者も、たくさんのやりとりをしたあげくに、何の結果もないので、時間とお金も無駄になるから。

男性

可愛い女性に釣られてデートしたら、お金を取られたりしないかどうか心配だった

サクラや業者を心配する背景には、「出会えない」ということがありました。

かわいい彼女を見つけたいのに、出会えないのは時間とお金の無駄という意識があるようです。

女性の不安は「身の危険」

女性

彼氏が欲しかったのでヤりたいだけの人が来たら嫌だと思った

女性

最悪の場合、犯罪に巻き込まれる可能性があるから怖いと思った

女性

田舎に住んでいるので、身バレしたらすぐ周りに広まってしまうのでそれが不安だった。

ヤリモクや犯罪、暴力など身の危険を感じることを不安に思う女性が多くいました。

また、友人や知人にバレると恥ずかしいから嫌だと心配する女性も目立ちました。

では、実際にマッチングアプリを使った結果、どうだったのでしょうか。

マッチングアプリにヤリモク・業者などは「いなかった」が多数

マッチングアプリでサクラ・業者・ヤリモクにあたった?

男女ともに「いなかった」が1位となりました。

前述の不安を感じている方が男性94.7%・女性97.4%と比較すると、「いなかった」は男性38.8%・女性51.3%と不安は杞憂に終わった方が多いようです。

とはいえ不安に感じていた男性の「サクラ」女性の「ヤリモク」は2位という結果に。

一定数は不安どおりという場面もあるようですが、相対的には心配しすぎに終わることも多いようですね。

男性の約4割は問題なく出会えている

男性

そこはいいご縁でした。何人かに空いましたが、ちゃんと写真通りの子達でした。なので、サクラや業者の人はいませんでした。

男性

実際に会うと出会い目的ではなく、こういう仕事(ネットワークビジネス)に興味ありませんか?と勧誘してきた。

男性

お決まりな手法なのですが、メッセージ時に会うと言っておきながらなかなか会わずに他のアプリやらサイトやらを進めてくる(誘導行為)、こうした手法を使ってくるのは間違いなく業者かサクラです。

いなかったという意見がもっとも多かったのですが、なかには出会い目的ではない業者の人もいたようです。

他のアプリやサイトをおすすめする相手は、業者かサクラと考えられます。

サクラの見分け方は次の記事をチェックしてくださいね。

tricoi(トリコイ)
https://konkatsu-matchapp.net/matchingapp-sakura/

女性はヤリモクとはそもそも会わない

女性

運よくそういう方との出会いはなかったです。

女性

アプリ内の中ではヤリモクと出会いましたが、少しやりとりしヤリモクの人かも?と思ったら実際には会わなかった。

女性

メッセージから仲良くなり連絡先を交換したが、その後他のサイトに誘導しようとされた。声付きの動画も送られて「お願い」と切羽詰まったように見せられた。

もっとも多いのは「いなかった」という意見ですが、ヤリモクかな?と思う相手とは、会わないという方が多く見受けられました。

アプリ内で慎重に判断するため、不安になるような相手とはそもそも会わないようです。

ヤリモク男の見分け方は次の記事をご覧ください。

2人に1人はマッチングアプリは複数使う

マッチングアプリは何個使う?

複数のマッチングアプリを使う人は、男性は51.8%・女性は60.2%でした。

過半数以上は複数のマッチングアプリを使っているようです。

複数使う派は「出会う確率を上げたい」

男性

複数のアプリを使ったほうが出会える確率は高くなりますし効率も良いからです。

女性

どのアプリでどんな人たちがいるのか気になったから

女性

2つを比べてどちらが自分に合っているか、また登録している人の傾向も見たかったから。

より多くの人と出会いたかったり、出会う確率を上げたいと考えている人は、複数派に多くいました。

他のアプリと比較したいと思っている方も多く、出会いに真剣度が高い人が多いようです。

1つだけ派は「混乱を避ける」

男性

1個に集中して使うのが混乱しなくて良いと思った

女性

あまり多くやると友人等にバレるリスクが上がるから

男性

使い慣れてしまって、別のアプリでまたあらたに使用法を覚えるのが面倒くさそうだったので、1個でした。

ひとつのアプリを使う派の人は、あちこちでメッセージのやり取りが発生して「あれ?どのアプリだっけ?」となるのを避けたいという意見が目立ちました。

面倒や身バレを避けて、じっくり使い込む方が多いようですね。

ひとつのアプリで出会えるのは1~3人

ひとつのマッチングアプリで何人と出会えた?

男女ともに1~3人の人と出会えているようです。

そのなかから運命の相手と出会えているのかもしれませんね。

男性

4人会いました。はじめはいいねを送りまくっていましたが自分のプロフィール磨きをすると自然と出会える頻度があがり自然と出会える事ができました。

女性

アプリでの出会いには正直期待していませんでしたが、ある程度メッセージを交換してから会ったからか、話もはずみ、楽しい時間を過ごせました。
2人会いました。

男性

出会えなかったけど、話せるだけでとても楽しかった。

女性

メッセージでの選別が大変だった。正直文章だけで会う気にならない人が多かった。

出会えなくて残念という人のなかには、アプリ内でメッセージを重ねるのを楽しんでいる人もいました。

しっかりメッセージを重ねて会うと、趣味や考え方がわかるので会話が続き、満足度が高いのかもしれません。

半数以上がマッチングアプリは出会いに向いていると回答

マッチングアプリは出会いに向いていると思う?

マッチングアプリを使った1,644名の半数以上が「マッチングアプリは出会いに向いていると思う」と回答しました。

マッチングアプリは出会いに向いている派の意見

男性

実際に会えたので、自分の中ではハードルが下がりました。あと、気軽に使える事が分かったので、友達募集ぐらいな気持ちの方が楽に誘えますし、やり取りもスムーズにいけている気がします。

女性

普段は出会いが全くないが、サイト上にはこんなにいるのかというくらい出会いに溢れているので、本気で出会いたい人や、婚活には向いていると思う。

男性

自分の場合は、将来を考えるような人と出会うことができたので、出会いに向いていると思う。

女性

良い方と結果はうまく行かずとも出会えた事からです。
また、普段の生活では出会わない方とも出会う機会があること、出会いの機会自体の数が多いことがやはりマッチングアプリの利点だと思います。

友達や将来を考えるような真剣な相手と出会えたり…実際にマッチングアプリでよい出会いがあった方は「出会いに向いている」と考えているようですね。

「普段、自分のまわりにいないような人と会える」と答えた方はかなり多くいました。

出会いの幅を広げるという意味でも、メリットを感じているようです。

マッチングアプリは出会いに向いていない派の意見

男性

時間かかってめんどくさい

女性

プロフィールや写真など、ごまかしが多いし、信用できないと考えられます。

男性

たまたまいい人と出会えただけだから。他はそうでないと思う。

女性

出会いという面では向いていると思うが、付き合うとなると相当お互いを知ってからであったり理解しあえる人を見つける必要があるので正直交際に発展させるのはかなり難しく確率が低いんじゃないかな。
会ってヤって満足な程度だったら、出会える数は多いしめんどくさくないし、好みの顔でまず選別出来るから使って損はない。

アプリにあるのは自己申告の情報なので、そのまま信用はできなかったり、そもそものやりとりが面倒というデメリットを感じる意見が多く目立ちました。

信用面がネックなため、真剣な出会いには向いていないのでは…と考えているようです。

まとめ:マッチングアプリは恋活・婚活に支持されている

一昔前は、コンパや友人の紹介が主流だった恋人との出会い方は、時代とともにアプリに変化していっているようです。

恋活・婚活という真剣な出会いをアプリに求める人も多くいます。

真剣なお付き合いから結婚に進む人も10人に1人程度いる時代になりました。

今回の調査から、マッチングアプリを使った人の10人中7人は異性と出会えていることがわかり、そのうちの1人は結婚していることがわかりました。

婚活や恋活の手段としてマッチングアプリは、20代後半~30代前半の結婚を意識する男女に指示されているといえるでしょう。

目的別におすすめのマッチングアプリを知りたい方は、次の記事をご確認くださいね。

■調査概要
調査日:2019年12月16日~12月18日
調査方法:インターネットによる調査
調査人数:1,644人
調査対象:マッチングアプリを使ったことがある男女
調査主体:ゼネラルリサーチ(https://general-research.co.jp/)・インターネットによる自社調査
■株式会社ゼネラルリンク 概要
会社名:株式会社ゼネラルリンク
設立:2004年10月
代表取締役社長:廣瀬 真一郎
事業内容:人材事業、WEB事業、マーケティング事業など
URL:https://general-link.co.jp/